TOP1

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成したよぅ~! - 2006.07.16 Sun




いや~、今回は今までで1番筆塗りの範囲が多かったですね。
そして、今回ほど筆の重要さが分かったことは無かったですよ。

1本300円(でも、ン年前なら同じクオリティで1,000円近かっただろう)の筆は100円の筆よりかなり扱いやすかったです。
それでも、1度で綺麗に書き込める場合ばかりではありませんので、メガ粒子砲は修整含め4往復ぐらいしましたね。
ジョーシン様様です。

ボディが思った以上に重いので、膝にポリキャップが無い為、ちょっと不安ではありましたが写真撮影には問題ありませんでした。
まあ、ポージングって言ってもBIG-ZAMの場合仁王立ちしかないもので。

それではギャラリー&ファクトリーも更新しましたので、是非見てくださいませ。

ギャラリーへGO!


スポンサーサイト

うげげ。 - 2006.07.14 Fri




これが、コレが終わったらスミイレに入れる。

がんばらねば。

はー、はー、はー。

後半分だー!!

これ、買っておいてよかったー。


ハイセーブル 5/0ハイセーブル 5/0
()
不明

商品詳細を見る


メガ粒子砲ビフォー
びふぉー



メガ粒子砲アフター

あふたー


明日から塗装! - 2006.07.12 Wed




相変わらず、1回のサフチェックじゃあ済まない私でございますが、今回も吹いちゃあ削りを三回繰り返しました。
ほとんどは2回目でOKでしたが、いじった所はやっぱりもうちょっとな感じ。

ボディのディティールは何回も削り落としちゃろかと思いましたが、プラバンの細切りでの再現はかなり難しそうでしたので(サイズが細かく違うしね)、ココは我慢してチマチマとヤスってました。

今回のサフ吹きからタミヤのトリガータイプのハンドピースを使い始めましたが、いいですねェ。チョーッと重い感じはありますが、長時間の使用でも指先が痛くならなくて快適。
トリガータイプでダブルアクションってどんなんだろうと思っていましたが、なるほど、トリガーの最初に引きでエアーが出て、もう少し引き込むと塗料が出ると。

0.3ミリタイプを選んだので細吹きもOKですし、コレ1本でも問題なさそうですが、そこはやはり使い慣れたものは感覚を掴みやすいですし、愛着があるのでホースをもう1本買い足して2刀流でいこうかと。
使い分けは...........?............使い分けは、長時間吹くときはトリガーで。(^o^;)

そして、
エアテックス ハンドグリップフィルター HGFエアテックス ハンドグリップフィルター HGF
()
エアテックス

商品詳細を見る

ですが、

コレは持ってて正解でした。湿度計を常備して測っていたのですが、70%台まではフィルター無しでもコンプレッサーの水抜きで十分対応できましたが、80%にはいると徐々にハンドピースから水が噴出すようになりました。

早速ハンドフィルターを装着。さっきまで噴出していた水分がフィルターの中にとどまっているのが確認できます。
途中1回フィルターを外して体温計の要領で振って中の水分を取り除いて再装着。4時間ほどフル稼働させましたが、これまた快適。

更にまた重くなりますが、これから暫くは付けっぱなしでいいでしょうね。
まだまだじめっとした日が続きますから。

サフ3回


明日はサフるぞぅ。 - 2006.07.06 Thu




明日から、再びビグ・ザムに取り掛かれます。
もう、持ち手をつけてサフチェックに入れるよう準備だけはしていました。

もちろんそこまで残ってた加工も済ませました。

スプリング使用

スプリング使用2

もともとついてたディティールを削り取って、1ミリのスプリングを両サイドに追加。
ふとももとふくらはぎのパーツにピンバイスで穴を開けて差し込んでいます。
曲げたときに外に出てしまわないよう、長めにしてあります。

本体ディティール追加1

0.3ミリプラバンでスクエアのディティールを追加。
0.5ミリのピンバイスでディティールを追加。

本体ディティール追加2

0.5ミリのピンバイスでディティールを追加。

本体ディティール追加3

モールドを追加。(うーん。曲がってるなぁ。)

本体ディティール追加4

本体ディティール追加5

モールドの歪みは気になってきたら直すとしましょう。


細かいですが、ココを超えれば。 - 2006.06.29 Thu




膝アーマーの両サイドにマイナスモールドIIを使用。
貼り付けるだけでは浮いているので、彫って埋めます。
同色で塗装するので、瞬着にて接着。

big-zam-hizaa-ma-new2

足裏のバーニアはバーニアノズルIIIを使用。
着色後に接着しますのでずれにくいよう、ランナーで軸を作り隙間にはエポパテを詰めて型をとりました。


big-zam-asiuraba-nia

膝アーマー裏に0.5ミリと0.3ミリのプラバンを使って、蓋を作りました。
0.5ミリのピンバイスで穴を開けてディティールを追加しました。

big-zam-hizaa-ma-ura1

膝アーマーをピンを削って開閉できるようにしたので、中心と両サイドにディティールアップパーツを使用。
中心は丸ノズル[S]にマイナスモールドを組み合わせた物を使用。
両サイドはO・ボルト[1]とアルミパイプを使用。
もともとあったピン差込用の凹みを利用しているので、裏にプラバンを貼って接着できるようにしています。

big-zam-hizaa-ma-ura2

来週からお仕事集中日に入りますので、追い込み追い込み。
サフに行けるぐらいまで詰めていきたいと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

puleko

Author:puleko
キャラクターをメインに制作しています。他のジャンルにもドンドン挑戦していきたいです。
過去の制作品をまとめていますので、よかったらどうぞ♡

最新記事

最新コメント

twitter

参加してます♪

GMG

ACGUY

MKOP-000

kyu4bunner

kyu5bunner4

カテゴリ

雑記 (4)
プラモ雑記 (76)
G.M.G (12)
HG DOM-TROOPER (24)
HGUC Z'GOK (37)
HGUC Mk-II+FLY (10)
1/400 BIG-ZAM (13)
HGUC ASSHIMAR (44)
HGUC ZUDAH (9)
HGUC ZAKUll (9)
HGUC POWERED GM (13)
HGUC GM STRIKER (10)
HGUC GELGOOG (14)
HGUC ZAKUII-MINE (16)
HGUC GABTHLEY (12)
HGUC ACGAY (5)
HGUC DOWADGE (7)
HGUC MARASAI (9)
1/100TACTICAL POD GLAUG (7)
MSV MS-06R ZAKUII (3)
HGUC ZAKUI (8)
1/35 10HP TILLY (3)
MISSILE PHALANX (7)
HGUC GOUF (6)
ニャンコと共に (0)
iDecira (4)
RG GUNDAM (4)
BROMPTON M3L (6)
HGUC QUBELEY (10)
展示会 (1)
HGUC GUNCANNON (8)
HGUC HAMBRABI (10)
HGUC GEARA DOGA (3)
HGUC ZAKUI Black Binary star (4)
スクラッチビークル (4)

訪問カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。