TOP1

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10HPティリー 制作日記その3 - 2012.03.14 Wed

今日もせっせとお掃除とプチ模様替え。。。

スチールラックにパズルのごとく、積プラ等を詰めては眺めを繰り返し。
きっちり収まると気持ちい~い(*≧∀≦*)

ジャンルとかがあまりバラけないようにするのが結構大変だったけど
これで更に使いやすくなってきたのではないだろうか?

あとは裏側の水槽の方の棚とセッティングだにゃぁ(^_^;)

IMGP6663.jpg



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さてさて、ティリーは最終回。
やっとジオラマの大事なトコに入りました(*´m`*)オマタセ♪

IMGP6622

土壌の基本が乾燥したらセリアで買った木かる粘土を薄く延ばし、石垣をつける場所に
盛ってから乾燥しないうちに園芸土ミリオンの大きめの粒を差し込んでいきます。

IMGP6623

ミリオンは茶こし等で粒を分けてから作業すると楽ですよ。
大きさや形、色などを組み合わせながら下から順に差し込んでいきます。
はがれやすいところは木工用ボンドを少し薄めて貼っていきました。

道路部分は砂利や砂の道にしたかったので、ミリオンを茶こし(結構細かいタイプ)
でふるって砂を撒きました。
砂を固着させるために木工用ボンド1:水2ぐらいに薄めたものをスプレー容器に入れ
結構びっしょり気味に吹きつけて乾燥させました。

IMGP6621

土庭の部分は木工用薄めボンドを吹いてからTOMIXのパウダー2種類を
混ぜたり重ねたりして使っています。

IMGP6487

土壌が大体出来てきたら小物の制作に入ります。
1.0厚×2.5幅×3.0高の縦杭と1.0厚×2.5幅&1.0厚×1.5幅の横板を組み合わせました。
右手の6.3ミリ四角パイプは杭を等間隔に横板と接着するためのゲージとして使用。
最初の杭の横に並べて次の杭を四角パイプに密接して並べて接着していく、という風に。
塗装の前に木の雰囲気を出すため、ナイフで木目をランダムに入れてます。

土壌の軽い紙粘土ですがナイフの刃が簡単に入るので、設置場所にナイフで差込口を作って
接着剤をつけて差し込みました。
差込部は違和感がないよう砂やパステル等を付着させてあります。

IMGP6488

もう一つの柵は2.6ミリ四角棒を3センチにカットし、固定用の真鍮線を差し込みました。
角はナイフで欠けや傷を入れています。塗装後に0.4ミリチェーンでつないでいきます。

IMGP6494

塗装後にチェーンを繋ぐための金具を0.3道真鍮線で各3個づつつけます。
チェーンを通して金具で抑え接着しました。(これが小さいから大変だったの)
金具とチェーンに錆色等で筆塗りして仕上げました。

設置部の紙粘土を少し削って真鍮線ごと差し込み埋まってるような感じにしました。
柵の根元等砂やパステルで違和感がないようにしています。

パステルは濡らして塗ると汚れに、乾いたままのせると埃に見えて雰囲気が出ていいですよ。

IMGP6486

タミヤ1/35動物キットに入ってたシェパードをイギリスってことでポインターに改造します。
赤いしるしのところで切り分けながら柵に手をかけるポーズに変更します。

IMGP6490
首、足、手の角度は柵に合わせながら少しずつ調整していきました。
耳はシェパードとポインターでは、はっきり違うのでパテで作り直してあります。
下地の白をエアブラシで吹いてから模様をアクリルガッシュでぼかしながら筆塗しました。

遊んでほしさを出したかったので、尻尾はピンと、自分のオモチャを咥えて手を招いてる
って感じにしてます(*^_^*)

IMGP6628

タミヤ1/35レンガセットとジェリカンセットを使って、
もう少し荒廃した感じを出してみました。

レンガは抜き後をパテで埋めて朽ちて壊れた雰囲気を出すために、
ニッパーでガシガシと割っていきました。もちろん割ったかけらも使いましたよ
レンガ色で塗装した後、白で目地を筆塗し、すすっぽい色でドライブラシをしています。

柵と同じように固定用の真鍮線を差し込み、土壌の紙粘土を少し削って取り付けました。
根元は砂やパステルで違和感がないようにしています。

バケツは組み立てる前にペンチでへこませ、転がった状態で固定できるように
取っ手の位置を調整しました。
下地に錆止めの色を塗ってからシルバーでムラッぽく塗ってみました。

IMGP6492

さて、この木なんの木、気になる木ですが、そのものを使えばリアルで有ろうって
ことで、庭の小枝でいい形のものを何個か抜粋して大きい枝を接着しました。
根元は木の太さがあった方がよかったのでパテで太くしています。

IMGP6493

細い小枝の元は雑草の根っこです。
なるべく分岐したものやバランスのいいものを選んで、枝に接着していきます。
小さい気も同じように。

IMGP6624

葉っぱにはうちの水槽に入れてあった「ウィローモス」っていう水草を使いました。
水槽を手入れした際にカットしたものを乾燥させた状態で使います。
日に焼けた枯れ草色と色が抜けずの残ってた緑のものを混ぜて木工用ボンドで
付けていきました。

木の根元も固定用の真鍮線を差し込んで埋まるように設置し、違和感がないよう処理。
水草は細かく切って木の根元にもちらほら撒いてみたりもしてます。

IMGP6481

雑草ですが、釣道具屋で手に入れた「フラッシャースカート」という疑似餌等に
使う材料で作ってみました。

上が元の色ですが、アクリルガッシュを筆で塗りつけ、緑が強いものと枯れ草色に。
少しの束を長めに切ってまとめ、根元に木工用ボンドをつけて立てていきます。
ボンドが乾いたら草丈をまばらにするため、縦にはさみを入れてカットしました。

IMGP6483

最後にプレートを0.5ミリのプラバンとダイソーで買った0.3ミリの
アルミバンを組み合わせて題字のプレートを作りました。

IMGP6485
プラバンは真鍮に近いカラーに塗装し、テプラで印字したテープを貼って使いました。
アルミバンには両面テープで固定しましたが、土台には雰囲気重視でメタルリベットで
四隅を止めました。

IMGP6635

作ってるときはでっかいなと思ってましたが、改めて見るとそうでもないかな。
右端の爪楊枝が大きく見える。。。。。。

さて、次はファランクスの日記開始ですよ。
順番から言うとグフなんだけど、後回しにしたのでファランクスから(^_^;)

まだ下半身の整形しかできてないので焦る。。。。
スポンサーサイト

10HPティリー 制作日記その2 - 2012.03.09 Fri

掃除スイッチ入れた為に筋肉痛です。
特に腕が。。。。。(^_^;)

荷物の上げ下げは普段使わない筋肉を酷使しますねぇ。
とりあえずひと段落したから模型にスイッチを入れ替えようっと。

ファランクスのスケジュールも押してきたしね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第2回はフィギュアと土台です。

IMGP6449

付属のフィギュアは苦み走った顔してましたので、少し柔らかい感じにしました。
ゴリラっぽいおでこを浅くして口角をあげてみました。

IMGP6456

首を接着するだけでは取って付けたようだったので、襟ぐりを彫り込んでみました。

IMGP6457

ついでに首の角度を変更するのと、高さを調整するのでエポパテを使ってます。
塗装後に真鍮線を通して固定しました。

IMGP6460

肩と腰は接着だけでは段差が目立つのでポリパテでなだらかにして整形してます。
あとは袖口とかを薄くしたり、襟やポケットの周りを彫ったりしました。

IMGP6463

下塗りはラッカー塗料をエアブラシで吹いておきました。

IMGP6468

後はチマチマとアクリルガッシュを調色しながら筆で塗っています。

IMGP6472

なるべく陰影をつけて何度も重ねて完成♡

IMGP6475

ジオラマの土台は100均のセリアで手に入れたコレクションケースを使いました。
金具を全部取って凹みをパテで埋めて下準備してから使います。

IMGP6476

裏返して底面にダイソーで買った発泡を両面テープで接着し、地面と石壁の基礎を作ります。

IMGP6478

発泡で作った基礎とコレクションケースの周囲をダイソーで買った木目調シートで覆いました。

IMGP6616

木目シートが明るめなのとビニールっぽい光り方だったので、
ダイソーのニスを何度も塗り重ねました。
写真左は土と埃の表現の為に調色したパステルの粉です。

IMGP6619

まっすぐな地表は味気ないのでダイソーの紙粘土を発泡の上に盛っていきました。
道路は轍を作り、土庭部分は道路より高くという感じで。
紙粘土が乾いたら地面に基本色としてベージュっぽいグレーをアクリルガッシュで調色し
筆でムラが出るように塗っていきました。

後は第3回で一気に最終回になると思います。
細かい制作物の詳細は、もうしばらくお待ちくださいませ~d(〃^ω^〃)ゞ

10HPティリー 制作日記その1 - 2012.03.04 Sun

お久ぶりでございます♪
暦の上では春ですが、まだちょっと寒いかな?

暖かくなるとエビやメダカの水槽のリセットや移動で週末が飛びますが
模型の予定も飛ばすわけには行けないので、スケジュール表を作ってみたり。。。。
去年のスケジュールをもとに「締切」から逆算し、振り分けてプリントアウト。

工作中の細かい振り分けも書き込めば、ちょっとは時間の余裕ができるかなと(*⌒∇⌒*)テヘ♪

ただ今、http://akabu.net/の旧コンに向けて制作中です。
選んだのはミサイルファランクスなんだけど、結構大変なキットですぬぅ(^_^;)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ファランクスの前にGMGコンで作ったジオラマの制作日記開始ですよ。

IMGP6429

ティリーは1/35なんですがそれでも小さいパーツがてんこ盛り。
小さいそれにもけっこう沢山のパーティングラインがあって処理がまぁ大変。
見えないかもしれないけど、一応全部処理してます。

IMGP6432

本体は知識がないのでほぼ素組。
箱絵に有ったライトのコードを0.5ミリプラ棒で再現しました。
丸いプレートは2か所取付台があったのですが、使わない方は削り落として整形してます。

IMGP6435

フロントガラスがきっちりハマらないので、クリアパーツの下側を少し削って収まるように調整。

IMGP6438

ジオラマにするかどうか悩んでたこともあって、応用が利くようドアも開閉できるようにしてます。
蝶番の部分を0.3ミリのピンバイスで穴をあけ、0.3ミリの真鍮線を軸として入れました。
開閉させると蝶番の間のドアの縁が干渉しますので、ボディ側を削って調整、結構大きく開けますよ。

後は金型の丸い凹みをパテで埋めたり、ひけを消したりしたぐらいかな?
塗り分けが厳しいところは筋彫りを入れたり、筆塗で対処しました。

車体が完成したものの、やっぱりそれだけでは淋しいというか物足りないと感じたので
ジオラマにすることを決定。
落書きで配置などを決めました、が、この時点で締切まであまり日がなく、
資料の為に雑誌を慌てて集めました(^_^;)

時間がないので身近な材料でできるジオラマパーツがないか、必死で探しまくりましたよ~。
なにせ初めてだし、専門で売ってる材料なんて使い方わかりませんから(笑)

ジオラマに関してはまた次回制作日記で(●´ω`)ノシ。o゚。マタネ!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

puleko

Author:puleko
キャラクターをメインに制作しています。他のジャンルにもドンドン挑戦していきたいです。
過去の制作品をまとめていますので、よかったらどうぞ♡

最新記事

最新コメント

twitter

参加してます♪

GMG

ACGUY

MKOP-000

kyu4bunner

kyu5bunner4

カテゴリ

雑記 (4)
プラモ雑記 (76)
G.M.G (12)
HG DOM-TROOPER (24)
HGUC Z'GOK (37)
HGUC Mk-II+FLY (10)
1/400 BIG-ZAM (13)
HGUC ASSHIMAR (44)
HGUC ZUDAH (9)
HGUC ZAKUll (9)
HGUC POWERED GM (13)
HGUC GM STRIKER (10)
HGUC GELGOOG (14)
HGUC ZAKUII-MINE (16)
HGUC GABTHLEY (12)
HGUC ACGAY (5)
HGUC DOWADGE (7)
HGUC MARASAI (9)
1/100TACTICAL POD GLAUG (7)
MSV MS-06R ZAKUII (3)
HGUC ZAKUI (8)
1/35 10HP TILLY (3)
MISSILE PHALANX (7)
HGUC GOUF (6)
ニャンコと共に (0)
iDecira (4)
RG GUNDAM (4)
BROMPTON M3L (6)
HGUC QUBELEY (10)
展示会 (1)
HGUC GUNCANNON (8)
HGUC HAMBRABI (10)
HGUC GEARA DOGA (3)
HGUC ZAKUI Black Binary star (4)
スクラッチビークル (4)

訪問カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。