TOP1

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/100ファランクス 制作日記その7 - 2012.10.13 Sat

以前作ったマインレイヤー、塗装の修正中なのですが、なんだか結構愛着があったようで
「やっぱり置いておこうかなぁ」とか考えちゃったりしてます。

そもそも、限られた模型部屋空間の余裕のなさを解消したいから決行したんだよと
自分に言い聞かせたりもしていますが、、、(;´Д`)マヨウワア

この塗装の修正なのですが制作する方が好きな私には、とってもはかどらない作業となってます。
まあ、そこをなんとか、先週の「京都合同展示会」とオフ会のモチベで維持しつつ
今週中に仕上げようかなと、、、3つを片付けるために作業中。

今日は昼からガッツリできたので、なんだか結構はかどった気がする~。

京都ありがとう(≧∇≦)/

写真
このバイク、ヽ(●´ε`●)ノ ホスィ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やっと最終回だよ、ファランクス。

IMGP6711

元キットのミサイルハッチの接続部。心もとないし、安定しないから無骨にチェンジ。

IMGP6718

作例を参考に、ハッチの内側も加工します。
ハッチのサイズに合わせて、0.5ミリ厚×直径1.85ミリ、1.0ミリ厚×直径1.8ミリ、
1.0ミリ厚×直径1.7ミリの3枚のプレートを築層します。

IMGP6721

ディバイダーでケガき倒して無理矢理に作った円形プラの中心に、3.0ミリの穴をピンバイスで開けます。
プラ棒(画像はランナー)に3枚まとめ、パテ盛りの準備をします。

IMGP6757

ポリパテを盛って硬化後、プラ棒をそのままルーターにセットして整形しました。
中心の穴にはメタルパーツを設置しディティールアップもできて一石二鳥♪
塗装後に接着します。

IMGP6759

無骨ハッチの下準備に、元キットの凸部を平らにしておきます。

IMGP6716

でっかいヒンジなので、問題はサイズだけ。好みの大きさにしっかり測って作ります。
ヒンジ接続部にPC-02ポリキャップを仕込みます。
ヒンジ自体はプラバンの築層で、見にくいので図解を入れておきます。
ファランクスヒンジ2


IMGP6760

ポリキャップは色がのらないのでヒンジ上下にプラバンを接着し、カバーします。
角があると回転しないので軸が重なるところはお互いの角を取りました。
PC-02プラサポの軸を使いました。

IMGP6761

本体に合わせて接着しますが、曲面に接着する方は浮かないように面に合わせて削っています。
ハッチ側は好みで面を落としました。

IMGP6764

塗装後に取り付け、接着出来るよう、軸の片面は丸ノズルSの4ミリを接着しておきました。
なのでここだけは後後に筆塗りになります。軸の長さはそれに合わせて切っておきます。

IMGP6763

ヒンジの後ろ側が寂しかったのでプラの築層とナニワネジの真鍮板ラグM2.6と
2ミリのマイナスモールド「こういちくん」を設置。
プラバンは今日工面の装用に削り、接着しました。

IMGP6778

何か抜けてるような気がしなしでもないですが、ひとまず、ファランクスは終了~♪
サフ後に仮組み、写真を見て慌ててスネぼんのディティールを再現しときました。
邪魔だから削り落としたのを忘れてたんですね~(;´Д`)
スポンサーサイト

1/100ファランクス 制作日記その6 - 2012.09.30 Sun

台風がまた来るのですね。。。。
風はまだ大した事ないけど、雨は降り出しました。
明日は、水槽のリセットが二本もあるのに、どうしよう。。。。(´・ω・)

台風と水槽のおかげで模型部屋は湿度高すぎで、エアコンの除湿も追いつきません。

冬場でも除湿が劣らないデシカントタイプの除湿機を買ったので、早速使ってみたら
みるみる湿度計が70%を切りました。ずっと90%超えてたのにヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
これで去年の冬みたいに結露に悩まされなくなりそうだにゃ。
(コンプレッサー式より電力はかかるので、使い時は考えないといけなさそうですが)

当然、雨の日の塗装も怖くなくなってきたかな。

つーことで、完成品の塗装はがれのチェックに戻ります~。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まだ続くよファランクス。

IMGP6691

左右のミサイルポッドは取り付け軸をボディ側に移しましたので差し込み口を作ります。
ボディ軸のカバーにした丸ノズルLがハマるサイズにくり抜きます。

IMGP6712

ミサイルポッドの中に、くり抜いた穴と中心を合わせた軸受を黒瞬着で固定します。
半分固定して、ミサイルポッドを合わせ目消ししたあとでもう半分を固定しました。

IMGP6692

PC-05ポリキャップとPC-05プラサポを組み合わせて使いましたが、開口穴が大きめなので
プラサポの周囲に9.5ミリのプラパイプを広げたものを二重に巻きつけて穴より大きくしてあります。

IMGP6693

ここはすごい悩んだんですけど、ない方がすっきりするように感じて思い切って
ヒートペンでとっぱらっちゃいました。

IMGP6771

大穴を開けちゃったのでポリパテの修復がかなり大変でしたがすっきりしました。
他のディティも一部埋めてしまいました。
大型ノズルの根元が丸見えなのでコトブキヤのエッチングユニットを追加しています。

ファランクスポッド

パテがまとまったら、ミサイルハッチ部のクビレでカットして別パーツ化します。

IMGP6753

大型ノズルはうすうす攻撃しますが、内側のディティは残して外側を削りました。

IMGP6754

せっかく大きいので中にナニワネジさんで買った
「ローゼットワッシャー」と「トランスハトメ」を合わせました。

IMGP6707

戻って、ミサイルポッドのミサイル群なのですが、ご覧のように貧弱なので作り直しました。

IMGP6695

ミサイルが差し込まれる土台を0.5ミリプラバンでポッド内径より少し小さめの円に2枚つくり、
0.14プラシートで筒を作って円形に作ったプラバンに径を合わせていきます。
流し込みタイプのセメントを少しずつプラシートの重ねた部分に流しながら、
丸プラバンを通してサイズ調整しました。(失敗しながらコツをつかむしかないです、ココは(-_-;))

IMGP6697

円形プラバンにミサイルを差し込む穴を開けていきますが、
ミサイルハッチの大きさを書き込んでから穴を開ける位置を決めました。
私は大きめのミサイルにしたかったので中心と合わせて7つにしてます。
円形プラバンは重ねて処理すると手間が省けますよ。

IMGP6698

5.5ミリプラパイプでミサイルを作るので、円形プラバンには少し大きめに穴を開けました。
7.1ミリプラパイプの長さを揃えて5.5ミリプラパイプの差し込み部を作っています。
7.1プラパイプがあるのでプラシートの筒に差し込んでも位置もサイズも揃えることができます。

IMGP6700

組んだ状態。

IMGP6713

左のように、筒を差し込んだだけでは隙間が出来てイマイチなので0.3ミリプラバンでカバーします。

IMGP6722

ミサイルの土台。
5.5ミリプラパイプに丸モールドVの6ミリを接着してミサイルにします。

なんかややこしいことをしていますが、見栄えと保持力は良くなると思うんですよ(;´Д`)

1/100ファランクス 制作日記その5 - 2012.08.31 Fri

暑いぃ~(;´Д`)
ちょっと朝晩涼しくなってきたかな?と思ったのに今日は朝から30度超えたねぇ。

風は強いけど日差しが痛い。。。
ゆうメール出しに行っただけで、もう外に出たくなくなりましたよ。
早く秋が到来してくれないかな。


ここのところ、なかなか模型のモチベーションが上がらず、うだうだしてました。
カレンダーを見るたびに「 ああ、オラザク締切近づいてるな 」と思うのみ(笑)

なんか今年、見送るのが悔しくなってきちゃって、ギリギリで参加を決断しました。
とは言ってもそんなに急には完成させれないので、少し前に作ってた「 グフ 」をば。
(ということで前回日記に載せたので一応、発表まで非公開にしました)

写真を取り直して、製作工程を編集して、で、今日ゆうメール出してきたとこです。
目標は毎年参加だったので継続できてよかったかな、と。
今回はそんなにいじった作品ではないので「 ガンプラ部門 」で出しました。

なんかこれが功を奏したのか、モチベがちょっと上がってきた。
多分、完成品の修正で下がっちゃったんだと思うけど、このままモチベを上昇させれるよう
修正も継続しつつ、RGシリーズのディティアップでもはじめようかなと思っております。

で、完成品増やして新しいキットと入れ替えるぞぉ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

かなり長いあいだ中断していましたファランクスです(^^ゞ

IMGP6688

バックアップの取り付け部が固定しづらかったので、プラ棒を貼ってズレにくくしました。

IMGP6726

マイナスモールドはコトブキヤ、マイナスモールドIIの5ミリを使用。

IMGP6724

ここはWAVEのU・バーニアフラット3の4ミリを入れて二重構造にしました。
元キットの内角が丸いので、右側のように角を処理をしてからじゃないと入らないです。

IMGP6728

バックパックのフックも真鍮パイプと真鍮線で作り直しました。
0.7ミリ真鍮線と外径0.9、内径0.73ミリの真鍮パイプを重ねました。

IMGP6730

取り付けたらこんな感じです。

IMGP6732

アンテナは後ハメ加工します。
まず、中心でカットし、ダボ穴は加工の邪魔になるので切り欠いておきます。

IMGP6734

3.2ミリのプラパイプを差し込み口にするため、パテで固定しました。

IMGP6737

組み立てて接着する前にライト?のクリアパーツ化のための加工をします。

IMGP6747

きっとでは全部四角いライトなのですが、好みで一番上だけ円形にしました。
ヒートペンでフチを残してくり抜き、整形します。

IMGP6750

裏から接着するので少し大きめにカットしたクリアパーツを準備します。
私は、H・アイズのランナーの板状の部分をカットして使いました。
円形のものはアルミバーニアの小バーニアとカットビーズです。
裏板は塗装して使うので0.3ミリプラバンでつくりました。(ラピーテープ貼っても良かったかも)

IMGP6749

組んだらこんな感じ。塗装後に接着します。

IMGP6751

後から中を組み込めるよう、下の可動パーツは排除して合わせ目処理します。
可動軸の穴も埋めておき、右側の設置パーツも差込穴をプラバンで埋めています。

IMGP6765

合わせ目に近いラインのスジボリを追加しました。

IMGP6772

アンテナは肉抜き穴を埋めて先端を尖らせた真鍮線に置き換えました。

IMGP6738

頭部?コクピットかな?は小さくて貧弱だったのでプラバンを組んで作ります。
1ミリプラバンを築層したものを設置したいものより、少し小さめに削り込んで塩ビ板を
前面に巻き、仮固定して周囲を0.5ミリプラバンで覆います。

IMGP6739

左右、上下を覆ったらこんな感じ。マスキングテープは塩ビ板保護です。
小さい方も築層したものですが、本体へのコクピット取り付けに使います。

IMGP6740

真鍮線で補強して接着しました。
この時点で、干渉箇所やディティールが入ってて少し形が変わってます。

IMGP6741

本体とサイズを合わせて整形します。

IMGP6742

差し込んでみました。ずれないしピッタリ♪

IMGP6766

後ろにつくライト台なんかの干渉箇所を削って形を整えました。
あっさりしていたのでプラバンでディティールも追加しました。

IMGP6767

後ろから見るとこんな感じです。


さて、今からRGを仮組みしようかなぁ。
ザクかなぁ?ガンダムにしようか?それともSEEDか?悩むネぃ~。

1/100ファランクス 制作日記その4 - 2012.06.21 Thu

昨日の夜からずーっと雨。
以前の蒸し暑さが嘘のように、今日は朝から肌寒いです。
長雨になるみたいだから気をつけないと。

外のメダカの鉢が溢れないように水抜きのチューブを入れたりして準備してます。

台風4号の時より雨の量が多いのでなんか怖いな。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IMGP6667

胴体の接続の続きです。
元の出っ張りを切り落として中にポリキャップを設置します。

IMGP6668

胴体の空洞に合わせて円形に切り抜いた1ミリプラ板を3枚程築層し、
PC-03とPC-03プラサポを重ねて中心に固定できるようにしました。

IMGP6669

可動時に隙間から細い軸だけが見えると貧弱なので
丸ノズルLの1.0センチをカバーとして重ねました。

IMGP6672

こんな感じに間に挟んで。。。

IMGP6673

可動すると一緒に動くのでOKです。

IMGP6675

なんかちょっとサミシイ感じなので、コクピットを削り落として後ほど作り直します。
先に整形は済ましておいたほうが楽なのでこの時点で(*´∀`*)

IMGP6676

合わせ目消しをする前に中の調整を済まします。
軸を取り付けるので内側の段差をプラバンで埋めておきます。
PC-05プラサポ2の5ミリ軸を使いますが、接着面が小さいので強度を上げる工作をします。
丸ノズルLは腰の接続と同じようにカバーに使います。

IMGP6678

内径に合うサイズの円にカットした1ミリプラバンを2枚作成し、
1枚は軸のT字部のサイズに合うよう穴を開けます。
プラバンを築層し、T字部を接着固定して接地面を広くしました。

IMGP6679

内側の図。軸の中心を合わせてから黒瞬着でがっちり固定しました。

IMGP6680

外側の図。

IMGP6683

コクピットの後ろのライトのタワーを取り付けるための加工をします。
キットのままでもいいんだけど、グラグラしそうなので
PC-03ポリキャップとプラサポで差込部を補強しています。

IMGP6687

中の改造が終わったら合わせ目消しをし、肩のアールの角度を黒瞬着で調整しました。

1/100ファランクス 制作日記その3 - 2012.06.08 Fri

今年は空梅雨かなと思い始めてましたが、「梅雨入りか?」宣言(笑)が
ようやく出てきましたね。これで更に蒸し暑くなってくるんだろうなぁ。

計画停電の実行は避けられそうな感じにはなってきましたが
それでも節電の努力なしでは厳しそうです。
うちでも20%を目標にいろいろ切り替えていってます。

特に電気を食うのが水槽の温度調整と照明なのですが
すべてLEDに切り替え、別々の部屋にあったのをひと部屋にまとめました。
この部屋は風通しもいいのでエアコンの使用も最小限にできるかなと。

ここに模型机も置いてるので一石二鳥かなと。
そのかわりメッチャ狭苦しいんだけど(笑)
リビングの大きいエアコンを使う頻度がかなり下がるので有効かな?

あとはよく使うリビングの照明ぐらいなんですがLEDの丸型タイプって
まだ出てないのかな?
シーリングごと交換するのはもったいないし何より高いしね~(´ε`;)
どうしよっかなぁ。。。。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は腰周りの加工です。

IMGP6646

元キットの股間軸を切り取って加工しやすく準備。

IMGP6647

まず胴体との接続部もWAVEのファランクスのように可動出来るようにします。
BJ-05、BJ-05プラサポとボールジョイントの組み合わせで作成。

IMGP6648

1ミリプラ板で接着土台として内蔵できるように調整。

IMGP6649

元キットの胴体側も後でボールジョイントを差し込めるように加工します。

IMGP6650

合わせ目消しをする前に加工の方を進めていく方がやり易いので
お尻のバーニアをくり抜いて作り直します。

IMGP6653

WAVE、Uバーニアフラット3の4.0ミリを接着できる土台を0.3ミリプラ板で作ります。
ハイパーカットソーで切り込みを入れてプラを差し込み接着整形します。

IMGP6654

塗装後に接着します。

IMGP6658

股間軸ボールジョイントを固定できるよう、中心に1ミリプラ板を3枚貼り合わせて芯を設置します。

IMGP6655

丸ノズルLの1.0ミリでカバーするので少し大きめに円周を広げておきます。

IMGP6661

合わせ目処理をして5ミリボールジョイントを元キットの位置に合わせて差し込み接着固定します。

仮組みの度にちょっと嬉しくなりますね~♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

puleko

Author:puleko
キャラクターをメインに制作しています。他のジャンルにもドンドン挑戦していきたいです。
過去の制作品をまとめていますので、よかったらどうぞ♡

最新記事

最新コメント

twitter

参加してます♪

GMG

ACGUY

MKOP-000

kyu4bunner

kyu5bunner4

カテゴリ

雑記 (4)
プラモ雑記 (76)
G.M.G (12)
HG DOM-TROOPER (24)
HGUC Z'GOK (37)
HGUC Mk-II+FLY (10)
1/400 BIG-ZAM (13)
HGUC ASSHIMAR (44)
HGUC ZUDAH (9)
HGUC ZAKUll (9)
HGUC POWERED GM (13)
HGUC GM STRIKER (10)
HGUC GELGOOG (14)
HGUC ZAKUII-MINE (16)
HGUC GABTHLEY (12)
HGUC ACGAY (5)
HGUC DOWADGE (7)
HGUC MARASAI (9)
1/100TACTICAL POD GLAUG (7)
MSV MS-06R ZAKUII (3)
HGUC ZAKUI (8)
1/35 10HP TILLY (3)
MISSILE PHALANX (7)
HGUC GOUF (6)
ニャンコと共に (0)
iDecira (4)
RG GUNDAM (4)
BROMPTON M3L (6)
HGUC QUBELEY (10)
展示会 (1)
HGUC GUNCANNON (8)
HGUC HAMBRABI (10)
HGUC GEARA DOGA (3)
HGUC ZAKUI Black Binary star (4)
スクラッチビークル (4)

訪問カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。