TOP1

2018-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクラッチビークル 制作日記 その2 - 2016.11.29 Tue

6

前回のギラドーガに引き続き、本日、「一気に公開第三弾」をまとめましたので更新です!!

第三弾は第19回オラザク選手権に応募しました、旧ザクとセミスクラッチのビークルです。
オラザクは切手サイズの掲載となりましたが、頑張ったことは確かなのでクヨクヨはしませんよ~!

どうぞ、よろしければ見てやってくださいまし<(_ _)>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



今回も、123D Designというソフトで形状決定。
使う転輪とガンタンクのキャタピラに合うサイズに調整しなきゃいけないのでちょっと大変です。
型紙を起こして合わせてながら詰めました。
本体より先にサイズは出しておかないといけません。
日記前後しちゃってるけど(^_^;)



前輪=ガンタンクパーツ、その他はAFVキットのジャンクをゲッチュしておいた物を使用。
前輪はキャタピラが止めれるタイプのものを流用します。



ガンタンクのキャタピラとプラバンの外周サイズが合うように。



転輪の中心位置は前輪二つと上部転輪1つがボディを貫通し、
後輪1つの軸は通りません。



前。



後。



転輪の幅をガンタンクのパーツの幅に揃えます。中心の隙間も揃えます。



後輪を二個一で接着しますが、隙間が空くので干渉箇所をスライスカットで合わせました。



押し出しピンの跡はタガネで削っておきました。
中心の隙間は片方の出っ張りをカットすれば合いました。



前輪小はもともと二個一なのでこのまま合わせました。
1.0ミリ真鍮線を通しますが、もともとの穴が大きかったので
1.2ミリの真鍮パイプを重ねました。



中心の隙間サイズにプラパイプを合わせてカットし、冶具で高さを揃えます。



こんな感じになりました。この転輪、細かく出来てて凄い(@_@;)



勝負の一番小さい転輪は、ホイルカバーみたいなパーツにプラパイプを接着しました。
同じく中心の隙間も揃えました。
この隙間はキャタピラの中心の出っ張りが通る所になります。



コトブキヤのダクトノズルでマフラー下部にディティールを追加しました。



後輪がつく部分はボディを通らないのでプラバン1枚となり強度不足な為、
大きさを変えた1.0ミリプラバンを2枚重ねて補強します。
転輪の裏なのでそれらしくギア調のモノも追加しました。



上。0.5ミリプラバンでディティールを追加。



裏。同じく。



マフラー回りも。



マフラーは奥に入り込まない様、ストッパーのプラパイプを重ねます。
いいサイズが無かったのでパイプの内側をひたすら削り込んで合わせました。
これがなかなかつらい作業………。



ビルダーズパーツのスパイクパーツを少し削ってマフラー排出口に。



もう一つ中にプラパイプを通してSPプレートをつけて多重にしました。



情報量増えた~。





サイドに付ける小さいスプリングタイヤを小さい転輪と同じAFVパーツで作ります。



プラバンと真鍮線で繋ぎました。



スプリングタイヤを繋げる仕組みのパーツをプラバンで作りました。
これは元ネタのほとんどそのまま(^_^;)



メタルパーツやその他AFVパーツを盛り込んで数パターン撮影してこれに決定~!!



スクラッチビークル 制作日記 その1 - 2016.11.29 Tue

5

前回のギラドーガに引き続き、本日、「一気に公開第三弾」をまとめましたので更新です!!

第三弾は第19回オラザク選手権に応募しました、旧ザクとセミスクラッチのビークルです。
オラザクは切手サイズの掲載となりましたが、頑張ったことは確かなのでクヨクヨはしませんよ~!

どうぞ、よろしければ見てやってくださいまし<(_ _)>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



本体の芯の部分をガンタンクから流用できないか切り刻んでみたり、
方眼紙で試作しては廃棄したり、試行錯誤を経た結果、
HGUCガンタンクの構造を参考にプラバンで新造することにしました。

手書きだとサイズ等の変更が容易にできないので
123D Designというソフトを使用して芯の部分を設計しました。

芯は整形のしやすさを考えて、前1/4と後3/4に分けて組んでいくことにしました。



まず後3/4ですが芯の大部分を占めますのでこちらから作ります。
1.0ミリプラバンを3枚築層した山型Aのパーツを2つ作成。
後で上下を蓋しますが、重ねるプラバンの厚み分だけ縮小した0.5ミリプラバン山型B2枚を
山型Aそれぞれのパーツの中心に接着します。
(後から接着していくプラバンの足場と位置決めになります)



あらかじめ排気マフラーのサイズに穴を開けた1.0ミリプラバンと
穴のない1.0ミリのプラバンを追加して箱組していきます。





足場の0.5ミリプラバンから、はみ出さないように接着剤を流し込みます。





排気マフラーの固定用の壁を内側に付け足します。
まだぐらぐらするので後でもう一つ奥に付け足しました。



底を1.0ミリプラバンで蓋をします。



上部も蓋をしますが、山型になっているので一面ごと角度に合わせて面取りをしていきながら
接着剤を流し込んでいきます。



次は前1/4です。
側面は1.0ミリプラばんの3枚築層×2で、同じように内側に足場となる
0.5ミリプラバンを貼り込んでます。
コチラはちょっと複雑な形をしていますが、
ハンドルスタンドが可動する範囲以外は蓋をするのでその形になってます。









残った面にプラバンを接着して整え、前側に後との接続用のプラバンを接着しました。




HGUC ザクI制作日記 その4 - 2016.11.29 Tue

4

前回のギラドーガに引き続き、本日、「一気に公開第三弾」をまとめましたので更新です!!

第三弾は第19回オラザク選手権に応募しました、旧ザクとセミスクラッチのビークルです。
オラザクは切手サイズの掲載となりましたが、頑張ったことは確かなのでクヨクヨはしませんよ~!

どうぞ、よろしければ見てやってくださいまし<(_ _)>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



脇に彫り込みを入れました。後でこまごまプラで埋めていきます。



腹部のパーツはだいたいの下書きを入れてスジボリ案を決め、彫り込ます。
左右対称なので片方彫り込んだら、それを元にゲージを作るなり、転写するなりした方が
揃いやすいと思います。



下の部分は最初の案を変更して中心をカットし、メタルサイディングをはめ込みました。



プラチップをやスジボリ等を全体的に追加していきました。



後。



横。



股間パーツにも少し。



肩の軸カバーはこんな感じになってます。



ショルダーアーマーもバキュームフォームで型を取って重ねてみました。



ポリ隠しカバーの隙間にちょこっとメッシュ。



なんかおかっぱ頭に見える(^_^;)
プラチップとG PARTSさんのジャンパー線を追加。



全体像。



後。



完成!!!
次はビークルの制作日記だよー。

ZAKUIのギャラリーはこちらからどうぞ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

puleko

Author:puleko
キャラクターをメインに制作しています。他のジャンルにもドンドン挑戦していきたいです。
過去の制作品をまとめていますので、よかったらどうぞ♡

最新記事

最新コメント

twitter

参加してます♪

GMG

ACGUY

MKOP-000

kyu4bunner

kyu5bunner4

カテゴリ

雑記 (4)
プラモ雑記 (77)
G.M.G (12)
HG DOM-TROOPER (24)
HGUC Z'GOK (37)
HGUC Mk-II+FLY (10)
1/400 BIG-ZAM (13)
HGUC ASSHIMAR (44)
HGUC ZUDAH (9)
HGUC ZAKUll (9)
HGUC POWERED GM (13)
HGUC GM STRIKER (10)
HGUC GELGOOG (14)
HGUC ZAKUII-MINE (16)
HGUC GABTHLEY (12)
HGUC ACGAY (5)
HGUC DOWADGE (7)
HGUC MARASAI (9)
1/100TACTICAL POD GLAUG (7)
MSV MS-06R ZAKUII (3)
HGUC ZAKUI (8)
1/35 10HP TILLY (3)
MISSILE PHALANX (7)
HGUC GOUF (6)
ニャンコと共に (0)
iDecira (4)
RG GUNDAM (4)
BROMPTON M3L (6)
HGUC QUBELEY (10)
展示会 (1)
HGUC GUNCANNON (8)
HGUC HAMBRABI (10)
HGUC GEARA DOGA (3)
HGUC ZAKUI Black Binary star (4)
スクラッチビークル (4)

訪問カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。